食べ物で紫外線対策!? 食べる日焼け止め 10選

投稿日:

もえです。

「冬でも紫外線には注意して!」という記事を書きましたが、やはり夏の紫外線は半端ありません。

私は化粧品にはそこまでお金をかけないし、強いこだわりというのもありません。
ですが、紫外線だけは恐怖です(^-^;

平気で太陽光線を浴びている女性を見ると、「すごいな~」と感心します。
結構多いですよね。
電車の日当たりの良い席に普通に座っている女性。

んん?
逆に私が神経質すぎ?(^-^;

ということで、今回は日焼け止めクリームや日傘などとは違った、「食べ物」による紫外線対策についてのお話です。

紫外線から肌を守る栄養素とは?

私は以前は「食べ物で紫外線対策なんてできる?」と半信半疑でしたが、栄養素を聞くと「なるほど」と思ってしまいました。
紫外線対策に有効な栄養素は、以下の通り。

  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ビタミンA
  • リコピン
  • β-カロテン
  • オメガ3脂肪酸

どれも美肌に効果的なのはご存知ですよね。
美白の敵、メラニン色素の生成を抑えてくれます。

紫外線対策に有効な食べ物

トマト

リコピンと言ったらトマトですよね。
トマトだけでなく、赤い果物にも含まれます。
スイカにも多く含まれているんですよ。
夏の野菜に紫外線対策となる成分が含まれているのって、理にかなってますよね。

サツマイモ

リコピンが赤い果物なら、β-カロテンはオレンジ色素。
リコピン同様、紫外線対策には効果的です。
β-カロテンを多く含むのはサツマイモ。
また、にんじんにも多く含まれていますよね。

緑の野菜

ブロッコリー、ピーマンなどの緑の野菜は日焼け防止効果バツグン。
β-カロテンやビタミンA、ビタミンC、ビタミンEをたくさん含んでいます。
ヘルシーなので、毎日食べたいところですね。

冷水魚

鮭、ニシン、サバ、マス、イワシなど。
オメガ3脂肪酸を多く含み、紫外線から肌を守る効果があります。

りんご

りんごの特に皮には、たくさんのポリフェノールが含まれています。
ポリフェノールは活性酸素から肌を守る効果があります。

ベリー類

りんご同様、ベリー類にもポリフェノールがたくさん含まれています。
ポリフェノール・エラグ酸と呼ばれ、美白成分があると厚生労働省に認可されているんですよ。
メラニン色素を生成するチロシナーゼという酵素の働きを抑える効果があります。

うなぎ

夏といえばうなぎで夏バテ防止♪
ビタミンA、ビタミンEを豊富に含んでいるため、紫外線への効果も高いんです。
うなぎは高価なので…という方は、穴子で代用してもOKですよ。

ココナッツオイル

肌に塗っても効果があると人気があるココナッツオイル。
中間鎖脂肪酸や飽和脂肪を多く含み、食べても日焼け防止効果があるんです。
そのまま飲んでもOKですが、料理油として利用してもいいですよ。

アーモンド

ビタミンEを多く含むアーモンドですが、ケルセチンというフラボノイドもたくさん含んでいます。
フラボノイドは紫外線のダメージから肌を守ると言われています。

ダークチョコレート

ダークチョコレートもカカオポリフェノール、カテキンが豊富に含まれています。
甘いミルクチョコレートは効果がなく、カカオ70%以上のものを選ぶようにしましょう。

まとめ

紫外線対策に効果がある食品として挙げた10種類の食べ物ですが、どれも体に良さそうなものばかりですよね。
毎日食べるのは難しい物もありますが、ダークチョコレートやアーモンド、ココナッツオイルなどは、できれば毎日摂取したいものです。

日傘や日焼け止めクリームなどと併用して、内部からも紫外線と戦いましょうね♪

1

もえです。 「たるみ毛穴」ってご存知ですか? 文字通り、老化により肌がたるんだことによって開く毛穴のことですよね。 子どもに「毛穴!」とあだ名をつけられるまで、自覚してなかったんです、私(笑) そう言 …

-シワたるみ解消法, エイジング豆知識
-, , ,

Copyright© 美魔女プロジェクト シワ・たるみ毛穴克服奮闘記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.